2016年|ブログ|水周りリフォーム館なら激安価格で安心保証

  • ホーム
  • 水周りリフォーム館とは?
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 商品一覧
  • 初めてのリフォームの方へ
  • リフォーム工事会社一覧

2016.12.29 システムキッチン選びの極意その1

システムキッチン選びの極意その1

キッチンメーカー、シリーズ名を決めよ!

キッチンリフォームをしようと思ったら、まずどのキッチンメーカーにしようかを決めてください。

キッチンプランやスタイルを先に決め、キッチンメーカーを選ぶ、という案も有りますが、決してこれも間違いではありませんが、現代のシステムキッチンは各メーカーで商品の特徴があり、その部分を気に入って購入することも多いのでキッチンメーカーを先に決めることをお勧めします。

ただし、キッチンメーカーを決めた後にプランを考えた時、まれにこのキッチンメーカーですとこのプランは対応できない、などという場合もありますので、システムキッチンに詳しい業者さんがいる場合などは、良く相談をしてプラン先行でも良いかと思います。

どのようなプランにするかを決め、このプランで実現できるキッチンメーカーはどこか?を探すのは一般的なプランなら問題ないですが、ちょっと凝ったプランの場合は少し大変かもしれません。

できるかどうか、一般の方は分からないわけですので、よって先にキッチンメーカーを決められれば、そのメーカーのショール―ムアドバイザーに希望のプランをお話しいただければ、アドバイザーが適切な提案をしてくれますので進捗が早くなります。

アドバーザーと相談をして、どうしても希望のプランがそのキッチンメーカーでは不可能な場合は、思い切ってキッチンキッチンメーカーを変えるか、違うプランに考え直すか、この辺りは柔軟に考えて進めれば良いと思います。

基本的にシステムキッチンの打ち合わせは、夢や希望があり楽しいものです。凝り固まって悩むようなことはしないで、いろいろなパターンを考えてみるのも良いかと思います。

メーカーによっては製作上の寸法などにより、どうしてもできない【製作できない】ことというのはありますので、できないならこうしようとか、一緒に考えられるメーカーのアドバイザーや業者にご依頼できると良いですね。

ちなみに各キッチンメーカーのシステムキッチンは、概ね2種類以上のキッチンシリーズを品揃えしております。

高級なシリーズ、一般的な人気なシリーズ、お買い求めしやすいシリーズ、に分けられている場合が多く、決してお買い求めしやすいシリーズのキッチンは悪い物、というわけではありません。

むしろワンランク上のクラスの良いところを取り入れているメーカーなども有り、売れ筋というゾーンでもあります。

また対照的に高級なシリーズというゾーンは、近年では少々売れ行きが落ちている状況でもあります。

一般的な人気のシリーズは中級クラスのキッチンになりますが、メーカーによってはかなりグレードが良く、これは高級シリーズではないか?とも思えるキッチンもあります。

この各ゾーンですが、あえて金額の高い、中くらい、安いと例えさせていただくとして【安い、は安物というものではありません。】、このゾーンは各メーカー共通ではありません。

Aメーカーの中くらいゾーンと、Bメーカーの中くらいゾーンは同じレベル、ランクが同等ということではないということです。

各キッチンメーカーはそれぞれ得意なゾーンがあります。

例えばあるCメーカーのキッチンは全体的にグレードが高いため、安いというゾーンでもDメーカーの中くらいのクラスに匹敵する、ということもあるわけです。

なお、よく聞く国内のキッチンメーカーと言われるシステムキッチンは、商品も良くできており、安心していただけますが、俗にオリジナルとしてキッチンを販売している家電量販店や、リフォームチェーン店がおりますが、これらの商品は全てとは申しませんが、殆どが国産ではなくアジア系の外国で安く作らせているキッチンなので、はっきり言って粗悪品が多いのでご注意ください。

見た目は良くても、キャビネットはペラペラで薄っぺらだったり、国産では金属を普通に使っている箇所をプラスチックで代用していたりと、このようなキッチンでは毎日の調理において何年も持ちませんのはご理解いただけるかと思います。

実際にお客様から支給をされて取付工事を行ったこともありますが、必要な部品が含まれて無かったり、 通常の取り付けができないこともあり大変な思いをした経験もあります。

その後、このようなキッチンは取り付けはお請けしないようにさせていただております。

安かろう、悪かろうには十分ご注意ください。

2016.12.22 システムキッチンの選び方

システムキッチンをリフォームしようかな、と思った時に、さて、どのようにしてシステムキッチンを選んだら良いだろうか?と選び方を考えてしまう方に参考までにヒントをお話しさせていただきます。

システムキッチンの選び方の前に、まずなぜあなたは今回システムキッチンのリフォームをしようかと思ったのでしょうか?

理由が必ずあってのことと思いますが、その部分が明確になっているのであれば答えは簡単だと思います。

何かが不便であったり、どこかが壊れているなどの理由もあるかと思います。

今まで私のお客様でキッチンのリフォームをされた方の一番の理由は、やはり老朽化、でありましたが、老朽化と言われるほど古かったわけではありません。

しかもどこかが壊れていて使えないキッチン、というわけでもなかったのですが、ある程度のタイミングで皆さん新しいシステムキッチンに替えていらっしゃいます。

その方々が新しいシステムキッチンを選ぶにはどのようにされたのでしょうか?

現在はネットで多くの情報を取り入れることができますので、やはりネット上からキッチンメーカーのホームページに入り、キッチン情報を得ている方が多かったですね。

また、一部のメーカーではテレビコマーシャルも行っているので、コマーシャルが流れている期間の後には、その対象キッチンが売れる、ということも少なくはありません。

やはりテレビの力というものはかなり影響が有り、これだけテレビ離れと言われていてもいても影響はあります。

キッチンメーカーのネットやテレビなどでご覧になられた皆さんは、次に実物を見に行きます。

これが各キッチンメーカーのショールーム、ということになります。

キッチンメーカーのショールームはネットでメーカーのサイトを見れば、どこに日本の各地のどこに所在し、またご丁寧に地図も記載されておりますので、お近くのショールームを見つけて出かければいいのですが、公休日が殆んど毎週水曜日に設定をされてますのでご注意下さい。

休館日もサイト上に記載されてますので、確認の上お出かけいただきたのですが、ここでご提案をさせていただきますと、必ず来館予約を電話やネットで行ってから出かけるのがお勧めです。

なぜ予約をするのかですが、やはりキッチンのリフォームをやると考えているなら、より具体的なショールーム活用が必要となり、結果的に分かりやすく、時間の無駄にもならないのが来館予約です。

予約をすることでメーカーのアドバイザー【コーディネータ】が付いてくれてシステムキッチンの商品説明をしてくれたり、プランニングをして具体的な見積もりや図面を発行してくれたりして、段々とイメージがわいてくるようになります。

これが結果的に近道となり、しかもこの一連の流れは全て無料となっております。

システムキッチンを選ぶなら、まずプロに相談にのってもらい、希望や今のキッチンの不便なところを具体的に相談することにより、よりイメージが掴めます。

システムキッチンを選ぶには必ずメーカーのショールームに行くことは必須です。

ネット上で間違ってリフォーム会社のショールームに行かないように気を付けてください。

いかにもメーカーのショールームのようにサイト上に掲載している場合もあり、行って見たら違っていた、ということもありますので、必ずサイト上でメーカーであることをよく見て確認をしてください。

決して難しくはないです。良く見ていただければ大丈夫です。

また、キッチンメーカーのショールームは複数行けるようであれば、予めネットなどで、どことどこのメーカーと決め、行って見るのもよろしいかと思います。

あまり頑張りすぎてたくさん回ってしまいますと、最初に行ったメーカーの内容が分からなくなってしまう恐れもありますので注意は必要です。

ショールーム見学は思った以上に歩きますので、かかとの低い歩きやすい靴でお出かけされるようお勧め致します。

以上システムキッチンの選び方の解説でした。

2016.12.13 キッチンリフォームのポイントマンション編

マンションのキッチンリフォームのポイントは、移設を計画してる場合、マンションの構造上設置できないことがありますので注意が必要です。

マンションはコンクリートに囲まれており、そのコンクリート部分はお住まいの中であってもマンションの共有部扱いになりますので、勝手に壊すことはできませんし、マンション全体の構造に係わることなので勝手に壊したら責任問題にも発展してしまう場合があります。

キッチンを移設することにより、給排水の配管や換気ダクトを通すため、コンクリートの梁が邪魔であったり、コンクリート壁が遮っていたりしても解体はできません。

予めその箇所を把握してプランを考えなくてはならないので、戸建てのようにある程度何でもできます、とはいかないのがマンションでのキッチンリフォームになります。

スケルトンリフォームと言って、玄関から入った室内全体を壊して行う全面改修工事であれば、ある程度は可能な部分もありますが、それでも排水の位置や排気ダクトの位置は決められてしまいますので自由にはいきません。

排水の位置が決まっている場合、どこにキッチンを設置しても決められた既存の場所まで排水管を延ばして繋ぐことになりますので、その長さが長くなるほど排水効率が悪くなる場合もあります。

排水というのは自然勾配で流すようになってます。

つまり斜めに配管して排水を流すということです。

排水管は床下を通しますので、排水管の決められた傾斜により床下の有効寸法が高くなり、その結果室内側の床が上がり、天井との室内有効の高さが低くなってしまいます。

キッチンは最適な位置に設置したけど、その結果天井までの高さがすごく狭くなってしまった、というのではキッチンリフォームをした意味が無くなってしまします。

また排気ダクトも同じように、既存の排気の場所までダクト配管を持って行く必要がありますが、排水管と違い勾配を取らなくても良いのですが、ダクト配管自体が太いという懸念材料があります。

トイレや浴室の排気ダクトの太さは一般的には10cmなのですが、キッチンの排気ダクトは15cmとなっております。

その太さのダクトが天井裏に通せるかどうか、という問題もあり、もし通せない場合は室内側に通すしかありませんが、室内にあのようなジャバラの配管が天井際に走っているのは普通にうっとおしいものです。

そのためそのダクトを隠すことが必要になり、大工工事で梁を造作してその中をダクトを通して見えないようにする、という方法もありますが梁もできれば無い方が良いですよね。

マンションにおいてキッチンを移動して設置するということはかなり慎重にプランニングをしなければならないことですので、ぜひシステムキッチン工事【水周りリフォーム工事】に詳しい工務店にご依頼をすることをお勧めします。

そのままの位置でキッチンを交換する場合ですが、今お使いのキッチンの水栓がキッチンカウンターの奥で1段上がっているような場所に設置されている場合、新しいシステムキッチンでは1段上がった部分が、同じ高さのカウンターになることが多く、カウンター上が奥まで一体で広くなり使い勝手が向上します。

これは今まで1段上がっていた部分の下部が配管スペースになっていたのですが、最近のシステムキッチンはキャビネットの奥に配管スペースがあり、その中のスペースを配管が左右に配置できるようになっております。

各キッチンメーカーはリフォーム現場用の商品にて対応できるシステムキッチンを開発しております、例えば同じ間口のキッチンに素取り替えだけでも収納量のアップは見込めます。

ぜひキッチンメーカーのショールームにお出かけになっていただき、見て触って体験をして頂くことをお勧め致します。

2016.12.13 キッチンリフォームのポイント戸建編

戸建てのキッチンリフォームのポイントですが、木造の在来工法の戸建であれば、室内の改築も視野に入れていただければ、かなり大々的なキッチンリフォームができます。

今設置してある場所とは全く違う場所にキッチンを持ってくるとか、2階に新たにキッチンを移動してしまうなども戸建ならでは可能なことも多いからです。

そこまでやらなくても、今の位置のキッチンを新たに替える、というのが最も多いのですが、できれば台所の中だけでも一緒にリフォームしてしまうということをお勧めします。

台所の中というのは毎日の調理により汚れが付着しており、しかもその汚れというのは油汚れのため、落とすのは大変な作業です。

ちなみにレンジフードの中身の汚れですが、汚れの中では一級品と言われており、他で例えるならば靴墨と同レベルの汚れと言われてます。

靴墨は油であり、ニオイもきついですよね。

汚れレベルは一級品と位置づけされております。

靴に塗るのは良いのですが、手にも付いたり、また塗ったウエスはそのまま捨ててしまいますよね。

つまり洗っても落ちないと誰もが分かっているためだから捨ててしまうのですが、フードの中の汚れはそのレベル相当なのです。

台所の油は全てがレンジフードに吸いこまれるわけではないので、吸われなかった油汚れは漂ったあげく壁などに付着します。

壁や床がべたついているってことありませんか?

キッチン本体だけ新しいものに替えてしまいますと、余計に壁などの黄ばんだ汚れが目立ってきてしまいます。

そのためキッチン本体と一緒に内装をリフォームすることをお勧めします。

既存のキッチンを解体撤去して、その後に床を張り直したり、壁紙を貼ってからキッチンを設置しますと、全体的に綺麗に仕上がります。

その際には天井の照明機器も交換することをお勧めします。

現在照明機器はLEDタイプが主流になっておりますが、LEDのカラーは選べるようになってます。

キッチンの照明カラーは昼白色【チュウハクショク】にしましょう。

電球色はオレンジ色のため食品の色が正しく見えなくなります。

ほんの少し前までは、キッチンのレンジフードに付いている照明は白熱灯で電球色でしたが、最近のシステムキッチンはLEDで昼白色になりました。

意外とこの切り替えは遅い方でしたが、以前は加熱中の食材の色は電球色では分かりにくかったですね。

しかも白熱灯は夏に暑い!

そうでなくても夏は暑い台所。

少しでも快適な状態にしておかないと、ご馳走は出てこないかもしれませんよ、世の旦那様!!

2016.12.13 キッチンリフォームのポイント上級編

キッチンリフォームのポイント上級編といたしましては、キッチンのスペース全体を大幅に変えてしまうリフォームが上級編となります。

まるで新築のような、今まで毎日使っていたキッチンが、よその家に来てしまったような錯覚さえ思ってしまう大幅な改装です。

まずキッチン本体の設置位置ですが、これはやはりリビングに向かっている対面型で考えるのが良いでしょう。

家族との距離も近くなり、小さなお子様がいても目で追いながら調理もでき、会話もしながら、またテレビを見ながらキッチン作業ができます。

この対面型キッチンですが、奥行のあるタイプにされますと、反対側にお子様などが座れるようになり、宿題や絵を描いているところをシンク側から見ることもできます。

時間がばらばらのご家族にとっては、このスペースで朝の簡単な食事をすることもでき、キッチンのカウンターでの食事なので片づけを素早くさっと行うことができます。

アイランド型というキッチンにしてしまえば、キッチン自体は壁に接してないので、お友達などとキッチンの周りを囲み皆で調理したりすることもできます。

その場合の換気のためのレンジフードは、天井から吊るすタイプになり、見た目のデザインもかっこよく、かなり目立つフードとなります。(お友達にちょっと自慢もできます。)

建築の構造によってはレンジフードからの排気ダクトが天井裏から外部に出せない場合もありますので、予め調査が必要ですので工務店に見てもらう必要があります。

対面型キッチンは吊戸が無い場合が多いので、普段使いの食器などを入れるスペースを確保する必要があります。

またキッチンには普段使いではない、季節物の食器などもありますので、これらをいかに上手く収納できるか見当が必要です。

すぐに取り出せる位置にあり、収納もしやすい、さらには炊飯器や電子レンジを置く家電スペースも必要です。

冷蔵庫の位置も重要です。冷蔵庫はシンクの近くが使いやすいですね。

冷蔵庫から食材を出し、シンクで洗う、カットする、炒める【煮る、焼く】、盛り付ける。

この一連の流れを意識してレイアウトを考えるようにしてください。

食洗機はぜひお勧めです。

今の国産の食洗機は手洗いより経済的と言われており衛生的です。

また加熱機器ですが、これを機会にガスコンロから電気式コンロに変えるのも良いかと思います。

電気式タイプにはIHコンロとラジエントヒーターがありますが、ガスコンロに比べて代表的な特徴はコンロの清掃性の良さです。

電気式はゴトクが無いので汚れたらさっとひと拭きで掃除が簡単です。

また、なんといっても裸火が無いので延焼する危険が少ないということと、火が無いことにより夏のキッチン内の暑さがガスコンロより暑くない、ということもあります。

キッチン内って夏は意外と暑い所ですよね。

エアコンを付けたくてもキッチンの中って付ける壁が無いのです。。。

リビングに付けてもキッチンに届くまでに冷風は冷風で無くなり、しかもフードに吸われてしまいます。

先程の電気式コンロに話は戻りますが、ラジエントヒーターは鍋を選ばないので、今までガスコンロで使っていた鍋を基本的に使えます。

IHの場合はどの鍋での使えるということではなく、土鍋などは使えませんが、オールメタル対応型ですと殆んどの鍋が使えます。

なお、ラジエントヒーターに比べIH は電磁波が多いと言われ、アメリカではほぼ使われてないということもあり、さらに身体の中に金属を埋め込んでいる方に関しては、その金属は加熱するという情報もあります。

ご購入には十分お調べいただき、納得の上ご購入をしてください。

ちなみに私はIH よりラジエントヒーターをお勧めいたしております。

空間全体の中でキッチンリフォームを考えていくのがキッチンリフォーム上級編のポイントとなります。

2016.12.13 キッチンリフォームのポイント中級編

キッチンのリフォームのポイント中級編といたしましては、キッチン本体の位置変更などでござます。

今までのキッチンは戸建てで例に挙げますと、建物の外壁面に設置されていることが多く、LDKの部屋でもリビングに向かって反対側に向いている、つまりキッチンに立つとリビングにお尻を向けている状態です。

リビングで家族がテレビ見ながら楽しそうに会話をしている時に、奥様だけはひとり皆に背を向けキッチン作業をしているという状況が今までの建物の設計で一般的でした。

また独立型キッチンと言い、リビングとの間に間仕切り壁があり、リビングとは全く遮られて孤立した状態で一人調理をする・・・などがあります。

キッチンをリフォームするなら、この問題を、孤独を、不満を解決したい、と思っている主婦の方は多いです。

最初のパターンの背を向けている状態のキッチンでは、キッチン本体の向きを180度回転させリビング側に向くように設置してみてはいかがでしょうか?

このように設置することよりシンクの前に立ちながら、家族の皆と目を合わせながら会話もでき、また、カウンターを設置すればお子さんが宿題などをしているところを見ながら調理をすることもでき、さらに、リビングのテレビを見ながらの作業も可能になります。

キッチンを180度位置を変えて移動させるので、給排水の配管やガス配管、フードの排気ダクトの位置、また電気配線の位置も全て変わり、壁を造る大工工事、内装工事も必要になりますので、ある程度の費用はかかってきますので、このような工事が実現可能かどうか現場により可否がありますので必ず信頼できる業者に見てもらってください。

また独立したキッチンのケースですが、リビングとの間の間仕切り壁を思い切って解体撤去して、キッチンからリビング側がくりぬいて見えるようにできれば孤立感も無くなると思います。

また壁をくりぬくことで光が通り明るくなりますので、暗かったキッチンも快適になり作業効率も上がることでしょう。

ただしこの壁を解体することに関してですが、壊せる壁かどうかの調査が必要です。建物には壊してはいけない壁、というものと壊せる壁というものが存在します。

これこそ信頼できる工務店などに見てもらうことが必要です。

リビング側に向いているシステムキッチンを対面型キッチンと言いますが、キッチンのカウンターの奥行が65cmだったり、1m近くあるキッチンもありますので、お部屋の大きさも考えて各キッチンメーカーの商品をご検討ください。

シンク、加熱機器の設置されたカウンターキッチンと、後ろ側の収納等との間の通路は最低でも80?から90?はとれた方が使い勝手が良いです。

その分リビング側にキッチン本体が出っ張ってきますのでキッチン内の使い勝手だけを優先してしまいますと、LDK全体で見た場合にとてもいごごちの悪いLDKになってしまう場合もありますので注意をしてください。

キッチンスペースだけを見ないでLDK全体のスペース配分なども考慮しておく必要があります。

ぜひ楽しんで計画をしてみましょう。

2016.12.13 キッチンリフォームのポイント初級編

キッチンのリフォームのポイント初級編といたしましては、今お住まいのお台所で、そのままの位置で新しいシステムキッチンに交換する、というところが初級編と言って良いかと思います。

つまり素取替え,ということです。

まず最初に考えたいところは、キッチンカウンターの高さですが、今のキッチンは低く感じませんか?

ひと昔前のキッチンですと、高さが80cm位となっており、洗いものをするときにはちょっと腰が痛い、という感じかと思われますが、当時は80cmが普通の高さでした。

現在は85cmがどのメーカーでも標準の高さとなっておりますが、標準だからと言って無理に85cmのキッチンを購入することはありません。

キッチンをメインにお使いになる方【奥様でしょうか?たまにキッチンに立つ旦那様に合わせなくて良いと思います。】に合わせて高さを決めれば良いのですが、目安はよく聞くと思いますが、身長÷2+5cmと言われてますが、あくまでも目安と考えてください。

スリッパに少しヒールが付いていると感覚も変わりますので、あくまでも目安にしてください。

今の位置に新しいシステムキッチンに入れ替えるだけでも、使い勝手、その他は大きく変わります。

まず一番変わるのは収納力です。

同じ大きさのキッチンに入れ替えるだけで、現代のシステムキッチンは、レールの工夫やキャビネット最下段の蹴込部分が収納になっていたりして、確実に収納量はアップしております。

また、キッチンリフォームにおいて多くの方が採用しているアイテムは食洗機です。

最近の食洗機は洗浄効果も高く、省エネはごく普通となり手洗いよりも経済的と言われ、また内部は高温水による加熱すすぎとなりますので殺菌効果もあり、とても衛生的です。

食洗機には乾燥機として利用できるようになっておりますので、洗わないとしても乾燥機として毎日使っている方も多いです。

さっと手で洗ってしまい、乾燥だけを運転し、そのまま放置して朝は食洗機の内部から取り出して食器を使う、という使い勝手もあります。

新規に食洗機を設置する場合は、新たに専用電源を分電盤【ブレーカー】から引き込む必要があります。

食洗機は100Vの専用電源が必要で、近くのコンセントから電源を取るようなことはできません。

【近くのコンセントから電源を引きます、というような業者は要注意です。】

この配線にあたり、分電盤がどこにあるかで配線工事費が変わってきたり、配線が室内に露出配線となってしまう場合があります。

ダウンライトや天井点検口があると、天井裏や壁内に隠ぺい配管ができ室内はスッキリ納まりますので、業者によく見てもらいましょう。

もうひとつ工事的なお話しをさせていただきますが、最近の食洗機は給湯配管を接続することが多くなりました。

給水配管からでも運転はできメーカー的にも間違いではありません。

給湯配管を接続している場合は、給湯器のリモコンのスイッチをONにすることを忘れないでくださいね。

ONになってないと、給湯配管が繋がっていても出てくるのは水です。

キッチン選びはどこのメーカーのどのシリーズが良いか、ネットでキッチンメーカーのWebカタログなどを見て、その後メーカーのショールームに行って実物を見てくることは必ずしましょう。

カタログでは扉のカラーも実際とは違って見えます。

実際に実物を手に触れたことにより、そのシステムキッチンの良さがより分かることでしょう。

2016.12.13 初めてのキッチンリフォーム

念願のキッチンリフォーム。

さて、どのようなキッチンレイアウトにしましょうか?

どのメーカーの何というシリーズにしましょうか?

夢は膨らみますね。

初めてキッチンをリフォームするには、何をどうしたいか?

今不便なこと、使い勝手が悪いことを整理し、新しいキッチンにはこのようなことが解決されるというようなキッチンリフォームにしたいものです。

そのためにはキッチンに詳しいアドバイザーの存在が不可欠です。

システムキッチンの商品自体はキッチンメーカーのショールームに出かけて行き、そこのアドバイザーに任せれば大丈夫ですが、キッチンリフォームに係わる業者がキッチンを不得意としていると、ちょっと困りものです。

実はキッチン工事は他の工事に比べると、ちょっと苦手、という業者は意外と多く存在します。

これはキッチンリフォームを依頼するお客様にとっては大きな問題です。

建築会社なのになぜ苦手なのでしょうか?

苦手だからと言って工事ができないということではないのです。

キッチンという物をよく知らない・・・分かりやすく言えば調理をしない、キッチンに立たない、そのためキッチンの使い勝手が分からない、ということです。

キッチンリフォームをする際のメインの打ち合わせは殆どの場合、奥様ということが多いです。

毎日調理をする奥様はプロなのです。

その調理のプロと建築のプロが打合せを進めていけば、理想のキッチンができあがるのは間違いないのですが、キッチンの使い勝手を知らない建築のプロだと、打ち合わせにおいて適切なアドバイスを求めるのは困難かもしれません。

ここがキッチンリフォームではかなりの盲点になります。

つまりキッチンリフォームの業者選びはキッチンを得意としている会社を選ぶのも必要ですね。

はじめてのキッチンリフォームであればなおさらになります。

キッチンメーカーのショールームですが、ここへは必ず最低1回は行くようにしましょう。

カタログだけで扉などを決めても良いのですが、実際の色のイメージが違う場合もあり、またそれぞれの機能を確認するために、ショールームでは積極的に触って開けて引っ張って動かしていただきたいと思います。

メーカーのショール―ムというのはそのために存在しているものなので遠慮は無用です。

ちなみに、ショールームでシステムキッチンなどを購入することはできません。

ショールームではプランの依頼をしますと、定価の見積書と図面とカラーのイメージプランを無料で貰えます。

見積書を貰えるので販売をしていると思う方もいらっしゃいますが、どのメーカーも直接販売はしておりません。

工務店などから、リフォーム工事と一緒に購入することをお勧めします。

2016.12.03 水まわりリフォームの保証

水周りリフォームの保証ですが、これは部位により様々です。

例えばユニットバスで言いますと、商品的なとこは1年だったり、防水に関しては2年であったりとしておりますが、殆どの場合は1年がメーカーの保証期間となっております。

またメーカーでは有料にて保証期間を5年、10年と増やす制度もあります。

通常の保証期間を過ぎて修理が発生しますと、その修理費は有料となりますが、このサービスに加入しますと、契約した期間は基本修理費が無料となります。

また最近では業者が延長保証をサービスとしている会社もあり、その負担は業者が持つという商品延長保証サービスもあります。

ただしこの場合の対象は商品全てではありませんのでご注意ください。

対象は機器類となりますので、ユニットバスでは換気扇、水栓が主な対象商品です。

システムキッチンでは加熱機器、レンジフード、食洗機、水栓などの機器となります。

またトイレに関してはシャワートイレが対象で、便器やロータンクは対象ではありません。

よって暖房便座は対象外、ということになりますのでご注意ください。

工事保証に関しましては、だいたいの会社が1年間をみております。

何かおかしいな?と思ったときは早めに業者に連絡をしましょう。

保守期間を過ぎたら有料修理になってしまいます。

最初のころからおかしかった、と保証が切れてから話されても業者は困ってしまいます。【後出しじゃんけんみたいなことを言うのは避けましょう】

今後のお付き合いもあり、より良い関係を築くためにも、そのようなことを話さないように、早めに連絡をするように努めましょう。

なお、当然のことですがお客様の不注意等による破損などは、保証期間であっても有料となります。

2016.12.03 水周りリフォームの業者

水周りリフォームの業者は?

と言われ、それは水道屋さん。というのは正解ではありません。

もちろん間違いではありませんが水道屋さんと言っても、水道設備工事屋さんのことであり、ユニットバスを組むこともできる会社もあります。

ユニットバスは現在ではメーカーの施工教育を受けたものでないと組み立てはできないようになっており、つまりメーカー施工資格のある者による責任施工という形になっているわけで、誰でもが組み立てできるような仕組みは無いということです。

なぜならば浴室なので、何か施工不備があり漏水などしてしまったら大変なことになってしまうからです。

またメーカーは昔のように施工説明書を商品に同梱をしなくなりましたので、組み立て中に分からなくなったら、施工説明書を見れば良い、という安易なことができなくなりました。

施工教育を受けた職人が組み立てをするわけですから、説明書は不要ですし、施工研修時に各自に渡しているわけです。

施工説明書を都度同梱しないことにより、多少なりとも資源の節約になり、また認定者以外に施工をさせない、というメーカーの強いメッセージがそこにあります。

このように水周りリフォームというのは、規模の大小に係わりなく、水漏れ事故というリスクがあります。

なのでしっかりとした、信頼できる業者を選ばないと安心して任せられないのです。

水周り工事に強い、又は得意とした建築会社を絶対に選ばなくてはならないのです。

ここには先程の水道設備屋さんも含まれます。

俗に水工店と言われ、水道設備工事と工務店的な仕事ができる会社です。

水周りが得意な工務店など適任ですが、最近目にする家電量販店などや、ホームセンターなどのリフォーム部門は不安があります。

なぜなら家電を売る店と置き家具を売る店ですので、このような水周り工事ができるかといえば不安はいっぱいです。

専門のスタッフがいます、といっても何かの時に対応はできるのでしょうか?

キッチンを外したら長年微量の水漏れがあり、床は腐っていて抜け落ちそう。

お風呂を解体したら、大事な土台が朽ちてほとんど無くなっていた。

このような場合、対応できるのは大工工事ができる工務店なのです。

基礎土台の工事を家電屋さんができるのでしょうか?

建物の重要な基礎部分を家具屋のホームセンターに任せられますか?

もしかしたら、このようなことになっていても気が付かない業者なのかもしれません。

100%と言って良いほど丸投げ構造になっておりますので、解体後に知識のない営業マンから請けたした下請け会社が実際の契約内容と違う現場状況であった場合に、本来必要になる費用を店舗側がのまないケースなどがかなり見うけられます。

その際に下請け会社はどのような対処をするのでしょうか。欠陥工事を誘発することにもなりかねないのです。

以前マンションの便器交換ができない、と言ってきた有名材料量販店もいました。

特に問題がある現場ではないので、弊社で普通に1日かからずで交換しましたが、このように私共とは基本が違う、工務店や水工店とは商品知識や施工レベルが違う、ということを理解していただいた上で業者を選んでいただきたく思います。

業者選びはリフォーム工事において最も重要なことです。あなたのその厳しい目でしっかりと見極めてください。

2016.11.29 水周りリフォームの商品

水周りリフォームの商品ですが、最近では水周りリフォームメーカーがリフォーム用に商品を開発しているものも多く、現場に設置しやすくなっております。

ユニットバスでお話しをしますと、今のお風呂が仮にユニットバスの場合、床と浴槽が一体化しているものが多く、リフォームの時にどうやって浴室内に運び入れるのか、よくお客様に聞かれることがあります。

新規のリフォーム用のユニットバスは床と浴槽が別々になっており、廊下などを通って搬入することができますので心配はいりません。

むしろ既存のユニットバスを搬出することが大変で廊下などを通れないのですが、これは廃棄をしますので通れない場合は切断をして搬出をしますので大丈夫です。

またシステムキッチンに関しましては、キャビネットの後ろの下の方に配管スペースという空間を設けておりますので、その中を給排水やガス配管などの既存の配管を通せるように工夫がしてありますので、むやみに壁や床を解体改修することも最小限で済むようになりました。

トイレに関しては、以前は床を開口して、排水管を移設し、床を組み直し、仕上げ材を張り新しい便器を設置していたのですが、今では便器の底にアジャスタータイプの排水管があり、その配管を現場で調整することによりトイレの床を開口しなくても良いようになっております。

その結果、工期も短くなり、施工費用も安くなっております。

現在ではだいたいの商品がリフォーム用として採用できますので、業者に聞くなどしてアドバイスをもらうと良いでしょう。

2016.11.29 水周りリフォームの価格

水周りリフォームの価格というのは、商品に関しましては選定された商品によりますので様々です。

例えばシステムキッチンでいえば、システムキッチンは扉【面材】によりメーカーの希望小売価格は変わります。収納キャビネットやコンロ、フード等の機器類が全く同じで扉が違うだけで、定価が100万円近い差があるキッチンもあります。

違いは扉の材質のみで、後は全く同じです。

扉の違いは材質という場合もありますが、最近ではシート張りか塗装品かの差で金額に違いが出ます。

以前は天然木を使った突板の框デザイン扉なども人気の時代もありましたが、最近は表面がつるっとした清掃性の良いキッチンが人気です。

また水周り工事費の価格ですが、こちらに関しましては作業内容が基本決まってますので、だいたい業者間の差はあまりないと思われます。

ただし、相見積もりとなった場合、その競合の中から抜け出すために、あえて安い工事費に差し替えてくる業者もいますが、このような業者は工事後に何かしらの理由を付けて追加請求をしてくる可能性がありますのでご注意ください。

高すぎず安すぎず、適正価格を提示してくる信頼のおける業者は、工事期間中も安心して任せられると思います。

安い業者はそれなりの職人しかきません!!

高い業者はマージンや紹介料が発生して高いだけで、腕の良い職人が来るということではありません。

むしろ丸投げ会社なので、担当者がリフォームのことなど、現場というものを知らない人が多い、ということも覚えておいてください。

大手だから安心ではないということです。

2016.11.29 水周りリフォームの時期

水周りのリフォームの工事時期というのは、一般的にはお使いになっている住宅設備が壊れたり、何かしらの原因で使えなくなったりしたときに工事をするのが多いですが、そのほかの理由としては経年劣化により汚れやカビが落ちなくなった、微量の水漏れがある、また中古住宅を購入し、引っ越し前に水周り商品を全て新しくする、というようなことがあります。

浴室であれば、冬寒いので暖かい浴室にする、お年寄りの方のために、入口の段差をなくしたいので工事をする、などもあります。

ただリフォーム工事の時期と言っても、今お使いの設備が壊れてないという場合が殆んどで、壊れて使えない状態であれば工事の時期というで気持ちを固めることはできるのですが、まだ使えないこともない、という場合はなかなかリフォーム工事をするという意思が固まらないことも多いようです。

水周り工事の時期【タイミング】というのは、新しい設備に交換したいなあ、リフォームしたいなあ、と思った時なのかもしれません。

決して業者の言うような、今だとお得ですよ、というセールスには引っかからないようにしてください。

今だとお得というのは業者が、、、お得なだけ、、、かもしれません。

また消費税が8%に上がった時などは駆け込み需要で大変混み合い、商品の生産も遅れ職人不足にもなりました。

このような時期はよほどでない限り避けた方が良いでしょう。

今後消費税が上がるようなときはご注意ください。業者によっては忙しすぎて雑な工事をするやっつけで行う工事業者も出てくるかもしれません。

年間を通してのリフォーム業界の繁忙期は3月と12月です。

3月は業者の決算月であったり、12月は新しいお住まいで新年を迎えたい、というお客様が多いということが繁忙期につながっております。

年末に焦って工事をするくらいなら、年明けにじっくり工事をした方が職人も余裕があるので、より丁寧な作業が見込めると思います。

またもっと大きな範囲でリフォームの時期をお話ししますと、春と秋がリフォームのシーズンと言えます。

つまりこの時期が混み合ます。この時期に混んでない、というリフォーム屋は、業者選びの選定の一つの要因として判断をしてみるのも大事かと思います。

繁忙期に暇な業者って?

逆に暇な時期でも忙しい業者は、評判も良くいつも仕事がある信頼ができるという判断材料にもなりますので、業者選びの検討材料としてご参考にしてみてください。

2016.11.29 失敗しない水周りリフォーム5箇条

失敗しない水周りリフォーム5箇条として、第1にリフォームの時期、第2にリフォームの価格、第3にリフォームの商品、第4にリフォームの業者、第5にリフォームの保証があります。

第1のリフォームの時期ですが、お使いの商品が壊れた時、使えなくなった時がリフォームの時期としている方は多いですね。

また壊れてなくても汚れて掃除しても落ちにくいなどの場合もあります。

第2のリフォームの価格ですが、安すぎず高すぎず、適正価格のトータルリフォーム価格が良いでしょう。

あまりにも安いというのは、工事を依頼したくても逆に怖い気もしますよね。

本当にこの金額でしっかりと工事してくれるのだろうか?

技術の無い素人みたいな職人が来るのではないか?

安すぎる場合その可能性が考えられます。また高すぎるのも考え物です。

大手などにあるようマージン分が上乗せされるいる、ということが考えられます。

第3のリフォームの商品ですが、必ず水周りメーカーのショールームに出かけて行き、実物を確認することです。

カタログの色と実際の色はイメージが違う場合がありますので必ず確認をしましょう。

第4のリフォームの業者ですが、これはかなり重要なことです。

訪問された担当者、その後ろにある所属している会社の歴史や実績、評判などをじっくりと厳しい目で調べることはしなければならないことです。

第5のリフォームの保証ですが、商品と工事で保証期間が違うケースがありますので確認が必要です。

商品に対しての延長保証もありますが、これはその商品丸ごとではなく機器の部分が対象になる場合が多いので注意が必要です。

例えばシステムキッチンであれば、加熱機器、水栓金具、レンジフード、食洗機などが対象になっており、収納キャビネットやカウンターといったキッチン本体は延長保証の対象ではなく、メーカーの保証書による、ということですのでご注意ください。

水周り工事を失敗しないためにも、これらを予め確認をすることをお勧めします。

2016.11.29 水周りリフォームの流れ

水周りリフォームの流れについてお話しをします。

まず水周りのどこをリフォームするかを決めましょう。ちなみに水周りとは、キッチン、浴室、洗面、トイレの4部位が一般的に水周りと言いますが、最近では給湯器も含めている場合も多いです。

この中でリフォームをする場所を決めたら、各部位のメーカーやシリーズを決めます。ただ、これはもう少し後でも構いません。

まだこの段階では何があるか決められない、ということもあるかと思いますので、水周りをリフォームする業者が決まってからその業者に相談をしながら決めても良いです。

続いては業者選びですが、これが一番大変なところであり、慎重に考えて行かなければならないことです。

いい加減な業者を選んでしまったら、大事なお住まいがとんでもないことになってしまいます。

現在水周りのリフォームをする業者はたくさんいます。だからといって自由に好きなところを選べば良い、ということではありません。新築着工数も減り、新規参入業者が多く入ってきているのがこのリフォーム業界です。

その中には専門の建築業者ではない会社も入ってきております。

だから慎重にならなければならないのです。

今までは大手住宅(ハウス)メーカー、工務店、と言ったところが水周りリフォーム工事を行い、勿論現在も多くの工事をしている状況ですが、最近は大手家家電店、家具ホームセンター、スーパーなどのチェーン店、ゲームアプリ会社などがリフォーム業界に参入しております。

今このコンテンツをお読みいただいてびっくりしていることかと思いますが、家電店?家具などを売っているホームセンター?スーパーのチェーン店?ゲーム会社って??

はぁ??うそでしょ!!

と思われた方も多いと思いますが、本当のことです。

参入してくるくらいだから大丈夫でしょ?なんて軽い思いはありませんか?

リフォーム現場をなめてもらっては困ります。

毎現場違う状況は多くの経験と豊富な技術が必須です。

例えばタイル張りの浴室から、ユニットバスにリフォームをするとします。

もしお風呂を解体して、床下に水が入り込んでいて土台などが朽ちていたらどうしましょう?解体前の目視では分からないことで、解体して初めて発見される項目というのはいくつかあります。

ユニットバスを新規に設置するには、土台などは無くても組みあがります。周りに壁が無くてもユニットバスは自立しますので浴室的には問題は無いのですが、土台が朽ちているというのは建物本体にとっては大問題です。

土台が長年漏水などによる水分を吸っていると、指で軽く押すだけでズブズブと指がめり込んでしまいます。この土台の上には柱が乗っている場合もあるし、建物の角に設置されている部分は通し柱の可能性が高く特に建物の強度に置いて重要な部分となります。

建築会社は当然のように、この朽ちた部分に追加工事で手を加えます。決して見過ごすことはしてはいけない重要な工事項目だからです。

もし放置してユニットバスを設置しますと、その部分は隠れてしまい、見た目は遜色ない綺麗な仕上がりになるでしょうが、見えない部分は傷んだままとなっておりますので、まさに臭いところに蓋をする、のようなもので重要な部分が何も解決されてない状態になったままです。

このままでは数年内に、壁が沈む、落ちる、浴室上部の2階部分の床が傾く、外壁にクラック【ヒビ】が入る、外壁が落ちる、などの現象が起こります。

このような状況の現場で、家電や家具を売るお店や、食品を売るチェーン店、ましてやゲーム屋さんが対応できると思いますか?

考えなくても分かることです。先程申しましたように、朽ちた部分を見て見ないふりをしてユニットバスを組み上げてしまう、ということになりかねません。

なぜならば土台交換など、やったことないわけですから。やれるわけがないです、建築屋ではないですから。

なので業者選びは慎重にならざるをえないのです。

工事費が安いからと言って飛びついては危険です。このような工事をできない、手間の安い職人を使っているから安いのです。

俗に言う、安かろう悪かろう、ですね。腕の良い職人はいつの時代でも、それなりの手間代を取ります。

それは腕があるから当たり前なのですが、安い工事代ではそのような職人を業者は雇えませんので、それなりの職人にて工事をする、と先程のようなことが起きかねません。

業者【会社】をしっかり選んだら早めに最終的に業者を決め、その後の打ち合わせをじっくりすれば良いだけです。

水周り商品の選定には、必ず水周りメーカーのショールームに来館予約の上出かけるようにしましょう。なぜ来館予約が必要かというと、各メーカーのショールームは予約なしで自由に見学はできますが、プランの選定、決定をするにはショールームアドバイザーに付いていただく必要があります。

大きさはどうする?カラーは?機種は?アドバイザーさんが案内をしてくれて、あなたのお好みにプランニングをしてくれますので予約は必須です。なお、このご案内は無料で対応をしてくれますし、プラン作成も無料で後日出来上がったプランを送ってくれます。

また、メーカーのショールームでは直接キッチンやバスなどを販売しておりません。メーカープランが届いたらリフォームを依頼する業者に見せ、その商品が現場に納まるかを必ず確認してもらい、トータルのリフォーム見積もり金額を算出してもらい、納得ができたらリフォーム工事契約をしてください。

契約は必須ですので、いろいろ理由を言い契約書を交わさない業者でしたら、ここまで話が進んでいたとしても断るべきです。

業者との契約書はあなたを守るものですし、契約を交わすことが普通のことですので契約書を交わさないというのは問題外です。違う会社名での契約書もダメです。

正式に契約を交わしたら、後は工事を楽しみにお待ちください。

工事当日までに、キッチンなら収納や引き出しの中身の移動を済ませましょう。浴室も同様にシャンプーや洗面器等の備品の移動を済ませ、玄関などの出入り口からの通路の確保をしておきましょう。

疑問、不安なことは先に聞いて、何でも相談できる信頼性のある業者を選んでください。業者との付き合いのコツは、同等の立場でお話しができるような良い関係になれれば、担当者や職人も人間なのでお客様のために予定外のことまでやってくれたりします。

媚びる必要は全くありませんが、気持ちよく上手くさせておくと、結果的に良い物が出来上がります。

人間が造るものなので情や感情が入ります。

誰もが良い物を造りたいという気持ちは現場に係わる者であれば皆同じなので、お互いを尊重して良い流れを作ればリフォームは成功し、より良い仕上がりとなります。

2016.11.26 水周りリフォーム成功の秘訣

水周リのリフォームを成功させるには、まず第一にはリフォーム業者選びです。

せっかくお金を出してリフォームするわけですから、信頼できる業者に施工をしてもらいたいですよね。

信頼できる業者はどのようにして選べば良いのか?難しい事かもしれません。

でもこれを怠ると大変なことになります。

最悪の場合、裁判沙汰にもなりかねません。

信頼できる業者選びは、まずその会社を調べてください。

今はインターネットがありますので、ある程度のところまでは調べられます。

その会社はどれくらいの歴史があるのか?実績はどうか?ホームページにスタッフの写真等の詳しい情報が記載されているか?

口コミがあればそれも見ておくのも良いと思います。

実績のなかには施工例の写真などをホームページに掲載していることもあるので、参考にはなりますが、ここで注意です!本当にその会社の施工例かどうか?実際には違うケースもよくあります。

綺麗なキッチンの完成後写真、このような写真はいくらでも手に入ります。

あまりに写りが綺麗すぎるのは、ネットで広い集めたデータです!ということもあります。

快適そうなシステムバスの前で家族らしきご夫婦がニッコリ笑ってる写真。リフォーム業者が写真に入ってもらえますか?とお願いをして写した写真では、一般の人はそんなに急にカメラの前でニッコリ笑えません!

その人たち俳優だから、素敵な笑顔はすぐできるのです。

お仕事ですから!

見たことのない売れない俳優だって、笑顔くらいは最低でもできます。そのような嘘の現場写真をいかにも自社の施工例だ、と言って掲載している会社は意外に多いと思っていてください。

もっと酷い会社は、他社の施工例を掲載してます。私もやられたことありますが、そこまでやるのは神経がわかりません。

とにかくよーく見るとわかります。決してだませれませんようにしてください。

会社が大丈夫そうなら、現場調査に来た担当者をチェックしてください。その方があなたのお住まいのリフォーム担当者となるわけですから。

最低限のマナーは持ってますか?自分の靴を揃えてお宅に上がりましたか?

この基本動作で、その人の会社も分かるものです。

作業着で来る担当もいるでしょう。これは問題はありません、工務店ですから。ただし作業着だからと言って、あまりにも汚れているのは問題です。今は解体現場ではないですから。

スーツ姿で来る人もいます。作業着じゃないから、現場が分かるか不安?そんなことはありません。

私もそうですが、現場といえども、まだお客様が今も住んでいらっしゃる場所です。ここに作業着で入るわけにはいきません。しかも初めてお会いするその日ですから、きちんとスーツというのが私の方針です。

以上のことは最低限でもクリアしておきたいことです。

最後はあなたのその厳しい目でしっかりと、業者を選んでください。

そして、大事なのが、一番安いからここの会社に決めた!は最も良くない選択方法です。複数で見積もりを依頼している場合、その中から抜け出すために、わざと安い見積書に変えて出してくる業者がいます。

一番安ければ選んでくれるお客様もいて、契約となるのですが、その業者はあえて安く出したので、契約後は追加請求をとるためのいろいろな手段で攻めてきます。

なぜならそのまま追加無しで終わったら、利益が取れないくらいで契約したので、この現場は利益が無い現場となり、上司から怒られるわけです。

このような悪徳業者にひっかかる可能性が高いので、価格だけで決めてはいけないのです。

必ず会社を調べる、担当者をチェックする、適正価格の見積書か吟味する。

それがリフォーム成功の秘訣です。

2016.11.01 見積もりで抑えるべきポイント

見積で押さえるべきポイントは、予め優先順位を考えておくことです。

なんでもかんでも入れてしまいますと、予算はいくらあっても足りないということになりかねません。あっという間に1000万位になってしまいます。

ここだけはリフォームしたい、こういう風にしたい、という拘りはあると思いますので、そこはしっかり入れて、あと妥協できるところは妥協する、などのメリハリがあると良いですね。

住宅設備機器のショールームに行くと、住宅展示場と一緒で、メーカー的に良いもの(高いもの)が一番目立つところに展示されています。

これと同じにしてくださいと言った具合でどんどん高いオプションなどを追加していくとあっという間に数百万円単位で金額が上がってしまうことにも注意が必要です。

しかしながら、何でも妥協ばかりの項目ですと、リフォーム自体がつまらないことになり、楽しくなくなってしまいます。

どうせリフォームするなら楽しくしたいですよね。

見積もりを抑える件では、業者側からの提案でも注意が必要です。

よく言われることは「どうせですからついでにやってしまったらどうですか?」という提案です。

ついでにサービスでやってくれるのならいいのですが、このついで分は見積もりに追加工事として加算されてきます。

あくまでもついでは業者側の都合ということもありますので要注意です。

一緒にやった方が良い工事と、後からでも絡みなくできる工事なら、今やらなくても良い工事があります。

そのあたりをきちんと説明をしてくれる業者は信頼でき、工事を依頼したいものですよね。

工事についではありません。

契約時に他社よりも安く見積もった業者ほど、後から追加を言ってきます。

なぜならば、相見積もりで他社よりも安くした分、取り返すために追加をしてくるのです。

これは最初から業者の計算していることです。

追加がでないように、「工事後に追加が出るようなことはありませんか?」などと、契約時にはっきりと聞いておくことは必要です。

十分に注意をしてください。

2016.11.01 建物別水周りリフォームの費用と相場

戸建ての水周りリフォーム工事で浴室の場合、現在がユニットバスかタイル張りの在来浴室かで工事費用は変わります。

在来浴室の場合は、1階であれば洗い場の床を掘り下げ(ハツリ工事)、基本的に脱衣所からの入口はバリアフリーにするためモルタルを打設します。

その分費用は加算されます。費用相場をみると、概ね80万台?となりますが、既存がユニットバスであれば、70万台?からが相場の費用感となります。

マンションの場合も同じようなイメージです。マンションは殆んどが既存はユニットバスですが、タイル張りの浴室のケースもあります。

マンションの場合は洗い場の床などを掘りハツルことはできません。【床のコンクリートは共有部にあたり、勝手に斫ってしまいますとマンションの規約上大変なことになります。】

また浴室の形によりユニットバスが設置できないこともありますので注意が必要です。

キッチンにおきましては戸建てとマンションでは大きな価格の差はありませんが、マンションの場合は梁があるとレンジフードやウォールキャビネットに加算される条件が発生したりすることもあります。

相場はキッチンの大きさやグレードにもよりますが、だいたい65万円?になりますが、現場の状況により変わってきます。

浴室、キッチン、いずれにしても今の現場の状態がどのようになっているかで費用は変わりますので、信頼のできる業者に見てもらい、見積書を出してもらうことが良いです。

見積もりまではどこの会社でも通常無料ですので、ぜひ依頼をしてみましょう。

2016.11.01 水周りリフォームの費用と相場

建物の内部のリフォーム工事において最も費用がかかるのがいわゆる水周りとよばれるもの(水周りリフォーム)です。

システムキッチン、システムバスを筆頭に、洗面、トイレ、また給湯器と言ったものが水周りにカテゴライズされますが、だいたいこれらの工事をするといくらくらいの費用が相場なのでしょうか?

漠然と相場と言っても条件が異なりますのでなかなか難しいものです。

戸建てかマンションか、でかかる費用や相場も異って参ります。また採用する住宅設備機器のメーカーやシリーズ、大きさやグレードにもより費用も相場感も大きく変わります。

例えばシステムキッチンは幅【長さ】が同じでも、扉が違うだけでメーカーの希望小売価格の設定金額は約100万円程度の差があります。

違いは扉面材だけです。機器やカウンター、収納などは全く同じです。

システムバス(お風呂)も壁の材質や浴槽の材質が違うだけで、金額に大きな差が出ます。

また、水周りの位置を移動するとさらに金額は加算されます。

例えば間取り変更などで、キッチンの位置を変えたい、となりますと、新規設置場所へ給排水給湯配管延長、電気配線延長、ガス配管延長、排気の新設、大工工事や内装工事をしなければならなくなり、金額はさらに加算されます。

位置変更が無い、一般的な素取替えでキッチンは65万円?、システムバスは80万円?が大体の相場ですが、現場により金額は変わり、この金額より増えることが多いということを、予め予算に入れて考えておく必要はあります。

まずは一度業者に見てもらって見積もりを出していただくのがベストです。見積もりまでは通常無料で対応をしてくれますので依頼をしてみましょう。

2016.11.01 水周りリフォームの費用と相場について

水周りのリフォーム工事をするにあたり、重要な項目として工事にかかる費用があります。当然かける費用にたいしての予算というものがあり、その予算によりどのような工事をしようか、どこまで工事をしようか考えなくてはなりません。

一般的に工事の費用代金というものは、同じ内容の工事であればそれほど大きな金額の差はないはずです。

ただし大手の会社に依頼すると、工事は下請け、孫請けが実際の工事をすることが多いので、その分会社の利益として費用の上乗せが考えられます。

そうなると当然リフォーム工事費用は高くなります。大手なので安心、他よりも高いのは安心料だ、と思ってはおりませんか?

工事を丸投げしていて安心?でしょうか?

水周りリフォーム工事は適正価格で請けてくれる元請け会社の方が安心なのではないでしょうか?

この点を注意して水周りリフォーム費用の検討をしなければなりません。。

2016.10.12 水周りリフォームとは

水周りリフォームとは、主にキッチン、浴室、洗面所、トイレの4部位のリフォーム工事のことをさすことが一般的です。

実際に日々お客様の対応をさせていただいておりますが、お住まいの水周りリフォーム工事では、新築から早いと8年位から、また一般的には13年から15年位で、この4部位のどこかを何かしらリフォームされるという方が多いです。

また、お住まいの内部の工事としては一番費用がかかる工事でもあります。なぜならば機器類がある商品のため、商品単価自体の価格が高いこと、またそれに伴う付帯工事が発生するため、水周りリフォーム費用全体としては金額が上がってしまいます。

上手に価格を抑えるためには、各水周りメーカーの商品の中で、どのメーカーの何というシリーズが自分たちの希望に合っているか、予算も含め吟味することが大事になってきます。

ただ、そうは言っても現在は種類も多く、決めることはなかなかできませんよね。

そのような場合はこんな機能があって、こんな使い勝手をしたいなど、できるだけ具体的に、リフォームをされる会社の担当者へお伝えしていただき、お勧めの商品を教えていただくのが良いと思います。

このようなご相談は水周りリフォーム館へぜひ、ご相談ください。

皆様のニーズにマッチした商品をご提案してくれて、納得のいく工事を施工してくれる会社が揃っております。

2016.10.12 水周りリフォーム

水周りのリフォームは設備品の老朽化に伴う交換をされるケースが多いのですが、交換を検討する時期は既存の住宅設備品が設置されてからおよそ10年前後経っているケースが大半になりますので、商品はかなり進化しております。

10年ひと昔と言われますが、最近の水周りリフォームに採用される商品は清掃性の良さを始め、省エネ性など今お使いの商品とは比べ物にならないくらいの進化を遂げています。

ぜひ水周りメーカーのショールームにお出かけいただき実物をご覧になるのがよろしいかと思います。

水周りリフォーム館までお気軽にお問合せください
  無料メール相談  
 
  無料現場診断・お見積り  
 
  ショールーム予約はこちら  
電話でお問合せ

全国対応可能!

加盟店一覧

【北海道】
アートサイン
【青森県】
有限会社アイビー建興
【秋田県】
株式会社田村建築
【岩手県】
スマート環境デザイン株式会社
【宮城県】
株式会社日本ライフバック,株式会社イズミタハウス
【山形県】
現在加盟店がおりません
【福島県】
有限会社幾世永建業,日本テクノ株式会社
有限会社幸和
【茨城県】
株式会社オオウチ商事
【栃木県】
株式会社小幡工務店,有限会社エステート鯨岡
【群馬県】
株式会社福島商店,
株式会社ワイズ・エナジー
【埼玉県】
有限会社サンコー建築店,北野建築
【東京都】
ファミリア建設株式会社
有限会社アメニティホーム,株式会社ハイウィル
株式会社モダンリビング,北島敏建設株式会社
【神奈川県】
株式会社ビッグバン
有限会社高屋敷工務店
株式会社成田組,はっぴーウォーターらいふ 新日本ウォール外装株式会社
喜立建設有限会社
【千葉県】
有限会社丸正鈴木建工,有限会社アビリティサービス
iezo建築士事務所,有限会社ワークスプロ,next life
【富山県】
有限会社ナカツボ
【新潟県】
該当加盟店がおりません
【石川県】
有限会社アスワンホーム
【長野県】
株式会社イマージ
有限会社小諸住設
白沢管工株式会社
【福井県】
サクラ住宅設計合同会社
アスカ株式会社
【山梨県】
該当加盟店がおりません
【岐阜県】
和仁産業株式会社
【静岡県】
株式会社小泉工務店
住まい工房オアシス
【三重県】
有限会社プラスワン
【愛知県】
安城木材市場株式会社
東海リプロ株式会社
【兵庫県】
株式会社ホームアップ,株式会社浜工務店
株式会社大聖住宅,リーファ
【京都府】
株式会社イノベーション,ヤマゾエ住設
木の家リフォーム
【滋賀県】
該当加盟店がおりません
【大阪府】
ヒューネット・オン株式会社
住宅設備ショップいしざき
【奈良県】
リフォーム吉井
【和歌山県】
該当加盟店がおりません
【島根県】
該当加盟店がおりません
【鳥取県】
該当加盟店がおりません
【広島県】
川崎建設株式会社,平井建設株式会社
【岡山県】
有限会社大光設備工業
【山口県】
戎谷建設株式会社,平田建設工業
【愛媛県】
該当加盟店がおりません
【香川県】
三宅産業株式会社
【徳島県】
該当加盟店がおりません
【高知県】
該当加盟店がおりません
【福岡県】
カスケード株式会社,有限会社丸の内建設
有限会社米倉商店
【佐賀県】
該当加盟店がおりません
【長崎県】
真鳥技建
【熊本県】
該当加盟店がおりません
【大分県】
該当加盟店がおりません
【宮崎県】
ハウスDr.岩建(岩下建設有限会社)
【鹿児島県】
有限会社共同建設
【沖縄県】
該当加盟店がおりません

Copyright c highwill All Rights Reserved.