CLOSE

まずはメールで相談

電話で詳しく0120-246-991

ショールーム見学予約はこちら

無料現場調査のお申し込みはこちら

トイレリフォームリフォーム費用・価格相場

トイレリフォームの費用相場を詳しく解説!予算別の事例や補助金制度も紹介

更新日:2021.9.29

トイレのリフォームをするときは「相場はいくらくらい?他の人たちはどんな施工内容で、いくら払ったのだろうか。」と疑問に思うことがあるのではないでしょうか。

リフォームをする際にコストは誰しもが気になるところですよね。

また相場感を知っておかないと、リフォーム業者から見積もりを受けとったときに平均相場からずれているかどうか判断できません。

そこで今回は、実際の施工事例を含めてトイレのリフォームにかかる費用相場や、始める前に知っておきたい注意点をまとめました。

トイレのリフォームを予算内に抑えて成功させるために、ぜひ参考にしてください。

1. トイレのリフォーム工事にかかる費用相場はどのくらい?

トイレのリフォームにかかる費用相場はどのくらい?

 

まずはトイレのリフォーム工事にかかる費用相場を紹介します。

もちろん設備のグレードや工事の範囲によって数字は変動しますが、項目ごとの目安金額は以下の通りです。

項目 金額 工事日数
便器の交換・内装工事 15~30万円 1~2日
便器交換(和式→洋式)  15~30万円 2~3日
便器交換(洋式→洋式) 5~20万円 1日
温水洗浄便座取り付け 5~20万円 1~2時間
汲み取り式から水洗式トイレの変更 80万円 3~5日
タンク付きトイレからタンクレストイレの変更 20万円 2~3日
手洗い器設置 10~20万円 1~3日
新たなトイレの増設 30~100万円 3~5日
トイレの移動 30~60万円 3~5日
スペースの拡張 15~30万円 3~5日

上記のように、リフォームでどこまで実施するかによって費用は大きく変わります。

また、オプションでバリアフリー化や材料の貼り換え、電気工事を行う際は以下の料金がかかります。

項目 金額
手すりの追加 2~5万円
引き戸に交換 4~10万円
壁材・床材貼り換え 5万円~10万円
コンセントの電気工事 2万円

1-1. トイレリフォームにかかる基本の工事費

トイレリフォームの工事費は主に「トイレ本体の価格」、「工事費」と「材料費」の3つに分類されます。

トイレ本体の価格

トイレ本体の価格は便座だけを交換するのか、便器も含めて交換するかどうかで変動します。

もちろん性能が高いトイレを選べば価格も上がりますので、予算の範囲内で高価格帯にするのか、低価格帯にするのかも検討しましょう。

たとえば、タンクレスにするとタンクありのトイレより3万から5万円ほど値上がりします。

また、フタの自動開閉や自動洗浄機能など、オプションを付ければさらに本体価格は上がります。

工事費

次にかかるのは工事費です。

トイレのリフォームでは壁や床を変えることも多いので、内装工事があるとその分価格が上がります。

また、和式トイレから洋式トイレへ交換すると、床を壊す必要があるため解体費がかかるでしょう。

同様にトイレのスペースを拡張したり・新設したりする場合も価格が高くなります。

材料費

トイレ本体と工事費の他には材料費もかかります。

内装をリフォームするなら、新しい床材や壁材を選ぶことになるでしょう。

大量生産されるような床材・壁材なら2万から6万円ほどになります。

ただ、リクシルのエコカラットのような消臭効果のある材料や珪藻土、タイルなどは割高な傾向にあります。

2. 予算別にみるトイレリフォームの事例

予算別にみるトイレリフォームの実例

 

実際に他の人がいくらでトイレをリフォームしたか、気になる人は多いと思います。

過去水まわりリフォーム館で行った事例を予算別に紹介しますので、ご自身のプランに似た例がないか探してみてください。

2-1. 【予算別】10万円以下のトイレ交換リフォーム事例

10万円以下事例①ウォシュレットの交換

施工事例 ウォシュレット交換

既存のウォシュレットが壊れてしまったお宅では、トイレ本体はそのままでLIXILの新しいウォシュレットに交換しました。

大きな工事ではなかったので、総費用は7万円でした。

価格 7万円(税込)
家屋形態 一戸建て
築年数 30年
工事期間 1日

▼▼施工事例はこちら▼▼

施工事例 ウォシュレット交換

10万円以下事例②小便器のリフォーム工事

施工事例 小便器交換

 

古くなった小便器と床のシミが気になっていたお宅で、新しい小便器のリフォーム工事を行いました。

床にシミが付いていましたたが、リフォーム後は汚れをガードする「ハイドロセラウォール」を取り付け、気になる部分を隠すことが可能になりました。

価格 9万円(税込)
家屋形態 一戸建て
築年数 12年
工事期間 半日

▼▼施工事例はこちら▼▼

施工事例 小便器交換

10万円以下事例③年数が経過した便器を交換!

施工事例 年数が経過した便器を交換

 

こちらのお客様は、年数が経過しておりトイレが水漏れしてしまったとのことでリフォームをされました。

不特定多数の方が使われるとのことで、ベーシックなデザインの便器を新しく設置しています。

施工内容は便器交換で、価格は10万円です。

価格 10万円(税込)
家屋形態 その他
築年数 20年
工事期間 1日

▼▼施工事例はこちら▼▼

施工事例 年数が経過した便器交換

 

2-2. 【予算別】10~30万円のトイレ交換リフォーム事例

次は予算30万円以下の事例を紹介します。

10万円から30万円の間では、水漏れによるリフォームや和式から洋式トイレへの変更工事などがあります。

10~30万円事例①コストを抑えながらも機能性が高いトイレを設置

施工事例 和式を洋式に交換

 

もともと和式トイレを使われていたお客様は「コストを重視したい」とのことで、なるべく予算を抑えて洋式トイレへリフォームをされました。

水洗機能や暖房機能もあるTOTOのトイレを起用し、機能面にも満足いただいています。

価格 25万円(税込)
家屋形態 一戸建て
築年数
工事期間 3日

▼▼施工事例はこちら▼▼

施工事例 和式を洋式に

 

10~30万円事例②水漏れを機に節水型便器に交換!

施工事例 節水型便器に交換

 

こちらのお客様はトイレが水漏れしたことを機に、節水型の便器にリフォームを行いました。

手入れがしやすく、汚れが付着しにくい表面処理技術を使ったTOTOの便器を導入し、寝室のサッシ取り換え工事も併せて実施しています。

価格 13万円(税込)
家屋形態 一戸建て
築年数
工事期間 1日(施工事例は2時間)

▼▼施工事例はこちら▼▼

施工事例 節水型便器に交換

 

10~30万円事例③経年劣化の不具合と使い勝手を改善!

施工事例 経年劣化の不具合改善メーター検針で水漏れの可能性を知ったお客様は、経年劣化の不具合解消のためにリフォームを実施されました。

もともと水がずっと流れるような音がしていましたがリフォーム後は改善され、さらに水ハネしにくい手洗い器が付いた便器を導入しています。

価格 18万円(税込)
家屋形態 一戸建て
築年数
工事期間 1日

▼▼施工事例はこちら▼▼

施工事例 経年劣化の不具合を改善

 

2-3. 【予算別】30万円以上のトイレ交換リフォーム事例

次は予算30万円以上のリフォーム事例です。

30万円以上になると機能を充実させることや、トイレの雰囲気を大幅に変更することが可能です。

30万円以上事例①充実した機能の水洗トイレに変更!

施工事例 充実した機能にそれまで簡易水洗トイレを使用されていたお客様からは、水洗トイレを導入して機能やデザインもアップグレードしたいとご要望をいただきました。

スッキリした見た目のTOTOのトイレを設置し、機能面も満足いただいています。

価格 50万円(税込)
家屋形態 マンション
築年数 30年
工事期間 5日

▼▼施工事例はこちら▼▼

施工事例 充実した機能の水洗トイレに

 

30万円以上事例②収納棚を導入しスッキリ空間に!

施工事例 収納棚を導入

 

「トイレの空間をスッキリさせたい」と悩まれていたお客様は、リフォームをして収納棚付きのTOTOレストパルを導入されました。

それまで周りに置いていたものを収納できるようになり、手洗いも使いやすくなったとコメントをいただいています。

価格 38万円(税込)
家屋形態 一戸建て
築年数 25年
工事期間 3日

▼▼施工事例はこちら▼▼

施工事例 収納棚を導入

 

30万円以上事例③傷んだトイレと内装を一式リフォーム!

施工事例 傷んだトイレと内装一式

 

トイレの傷みや便器の臭いが気になっていたお客様は、便器の交換と共に内装も大幅にリフォームされました。

水まわりリフォーム館オリジナルの便器を選んでいただき、ピカピカのトイレを設置。

さらに内装も木の温もりを感じられる材質を導入し、ガラリと雰囲気が変わりました。

価格 60万円(税込)
家屋形態 一戸建て
築年数 30年
工事期間

▼▼施工事例はこちら▼▼

施工事例 傷んだトイレと内装一式

3. トイレリフォームの注意点やポイント

トイレリフォームの注意点やポイント

 

トイレのリフォームをする際はトイレが使えないことや、費用が高くなる要因はないかあらかじめ考慮する必要があります。

事前に知っておきたい注意点やポイントを詳しく見てみましょう。

3-1. リフォーム期間中にトイレは使えない

リフォーム期間中にトイレを使うことはできませんので、その間どうするか考えておかなくてはいけません。

近所にあるコンビニのトイレを使うことや、簡易トイレを活用することを検討しましょう。

要介護の方やお子様がいる場合はポータブルトイレや、災害用のトイレセットを用意しておいてもいいかもしれません。

有料で仮設トイレを建てることもできますが、追加費用がかかるので予算の面は注意してください。

 

3-2. トイレリフォームの費用が高くなる要因を知ろう

トイレリフォームの費用が高くなる要因は主に4つあります。

ご自宅のトイレに該当する条件がないか、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。

・段差をなくす工事

・和式から洋式トイレの変更

・汲み取り式から水洗式トイレの変更

・大幅な工事が必要(トイレの新設、撤去など)

これらは特に工事に時間がかかる部分なので、その分費用が高くなる傾向にあります。

どのくらいの費用になるか、リフォーム会社に問い合わせてみてもいいでしょう。

 

3-3. 希望のトイレが設置できるか確認しよう

トイレのリフォームでは、希望するトイレが設置できないことがあります。

たとえば以下のようなケースです。

・水圧が弱くタンクレストイレが設置できない

・トイレのスペースが小さく、タンク付きトイレが設置できない

このようなケースも考えられるので、リフォーム会社に現地調査に来てもらった際に、希望のトイレを設置できるか確認してみるといいでしょう。

4. トイレリフォームで補助金は使える?助成金は?

トイレリフォームで補助金は使える?

 

トイレリフォームで使えそうな補助金制度には大きく分けて3つあります。

◆介護保険
◆自治体の補助金・助成金制度
◆国の補助金・助成金制度

 

◆介護保険

介護保険は国の制度ですが、後から解説する国の補助金・助成金制度とは違って期間が限定されているものではないため、ここでは分けておきます。

介護保険制度とは、要支援・要介護認定されている方を対象とした制度です。
トイレリフォームをする場合、「介護保険を使った住宅改修」ということになります。
介護保険を使ったリフォームとは、今まで住み慣れた家を改修することで、介護を必要とする人にとっては危険な場所をなくして安全な自宅環境を整える、また同時に介護スペースの確保など介護する側の利便性も向上させることを目的として行う工事のことです。

 

【条件】
・利用者が要支援・要介護認定を受けていて、改修を行う住宅に居住していること。
・利用者が入院、福祉施設等に入居している場合は対象外。

【補助金額・補助率】
利用者の所得(介護保険自己負担割)に応じて7~9割が支給されます。工事費の上限は20万円です。つまり20万円の工事で最高18万円が支給されます。
原則利用者一人につき1回までですが、工事費が20万円の範囲内であれば複数回に分割することもできます。例えば1回の改修工事が5万円で済んだ場合なら、次に15万円の改修工事を行った時にも利用することができます。
なお補助金の支給は「償還払い」といって、工事完了後に払い戻してもらう方式です。一旦は工事費用を全額工事業者へ支払わなければなりませんのでご注意ください。、

【さらに・・・】
上限20万円を使い切ってしまった場合でも、次に該当すれば再度上限20万円まで利用できる場合があります。
・要介護状態区分が3段階以上上がった場合
・転居した場合(転居先が新築の場合は認められない)

【注意点】
介護保険を利用する場合、ケアマネージャーを通して申請することになっていますので、まずは担当のケアマネージャーに相談しましょう。
まだ要支援・要介護認定を受けていないという方は、お住まいの地域の役所や地域包括センターに相談してください。

 

 

◆自治体の補助金・助成金制度

自治体の制度は、その条件や補助金額などさまざまです。お住まいの自治体に相談しましょう。
例としていくつか自治体の補助金制度をあげておきます。

 

例1)東京都荒川区「高齢者住宅改修給付事業」

【事業内容】
身体機能の低下などにより日常生活に支障がある65歳以上の方(転倒予防給付のみ70歳以上の方)に対し、住宅改修費を助成することで、高齢者の在宅生活の自立を支援します。
支援や介護が必要な高齢者に対して介護保険の住宅改修の対象とならない改修費の助成を行う「住宅設備改修給付」「住宅設備等新設給付」と、介護保険の要介護認定で非該当となった虚弱な高齢者に対して介護保険と同内容の助成を行う「住宅改修予防給付」、自宅内で転倒の危険性がある箇所に手すりを設置する費用を助成する「転倒防止給付」があります。

【住宅改修支援項目一覧】

区分 対象年齢 要介護認定結果 改修項目

支給限度基準額
()内は9割支給の場合の給付額上限

転倒防止給付 70歳以上 不要 転倒しそうな場所への手すりの取り付け 50,000円
(45,000円)
住宅改修予防給付 65歳以上 非該当(自立) ①手すりの取付け
②段差解消
③床材の変更
④扉の取替え
⑤便器の取替え
⑥前記付帯工事
200,000円
(180,000円)
住宅設備改修給付 要支援1・2又は
要介護1~5
①浴槽の取替え
*深い浴槽を浅い浴槽に取替える工事等
379,000円
(341,100円)
②流し・洗面台の取替え
*車いすで利用できるものに取替える工事
156,000円
(140,400円)
③便器の洋式化
*介護保険の支給限度額を超える場合に、介護保険と併用して利用できる
106,000円
(95,400円)
新規給付 要支援1・2又は
要介護1~5
工場や店舗等、居住目的以外の空間を居住空間に改修するための以下の新設工事と付帯して必要な工事 991,000円
(891,900円)
①1階床の新設 350,000円
(315,000円)
②浴槽の新設 379,000円
(341,100円)
③流し・洗面台の新設 156,000円
(140,400円)
④便器の新設 106,000円
(95,400円)

詳しくは荒川区のホームページをご覧ください。
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/a029/koureishairyou/sumai/koureijuukai.html

 

例2)大阪府和泉市「いずみ安心住まいる(スマイル)事業」

【事業内容】
介護予防が必要な高齢者に対して、家庭での事故を防止するための住まい改修に助成金を交付します。

【対象者】
・「お元気チェックリスト」の結果、介護予防の取組みが必要と判断された65歳以上の和泉市民で在宅の方
・介護保険の要支援、要介護の認定を受けていない方(介護認定の申請予定・申請中の方は除く)
・過去本事業や介護保険の住宅改修を利用したことがない方

【助成額】
対象となる改修費の9割分(上限45,000円)

【注意】
・工事着工前に事前申出書を提出が必要。
・工事着工後の申請は認められませんのでご注意下さい。

詳しくは大阪府和泉市のホームページをご覧ください。
https://www.city.osaka-izumi.lg.jp/kakukano/fukusibu/koureikaigo/osirase/sumaikaisyuu.html

 

例3)兵庫県神戸市「バリアフリー住宅改修補助事業」

【事業内容】
神戸市では、要支援・要介護認定を受けていない高齢者がいる世帯を対象に、手すりの設置及び段差解消などのバリアフリー改修工事にかかる費用の一部を補助しています。

【対象者】
・神戸市にお住まいで、自らが住む住宅をバリアフリー化しようとする65歳以上の高齢者がいる世帯。
・世帯員全員が要支援又は要介護認定を受けていないこと。
・所得制限あり

【対象住宅】
・対象世帯が居住する神戸市内の既存住宅。
・戸建住宅・共同住宅、専用住宅・併用住宅、持家・借家を問いません。
・共同住宅の場合は、専有部分のみを対象とします。
・併用住宅の場合は、専ら居住の用に供する部分のみを対象とします。
・借家の場合は、所有者がバリアフリー改修工事を承諾をしていること。

【補助率・補助金額】
・市民税課税世帯は、対象工事費(上限18万円)の1/3を補助(最大6万円)
・市民税非課税世帯は、対象工事費(上限18万円)の2/3を補助(最大12万円)

【注意】
・必ず工事契約前に申請が必要。交付決定日以降に工事契約を結び、期日までに実績報告を提出すること。(現在の締め切りは令和4年3月11日)
・神戸市内に本社、支社、営業所などを有する中小施工業者が行う工事であること。
等の注意点があります。

詳しくは神戸市のホームページをご覧ください。
https://www.city.kobe.lg.jp/a01110/kurashi/sumai/jutaku/information/bfhouse.html

 

 

◆国の補助金・助成金制度

国の補助金・助成金制度でトイレリフォームに使えそうな制度は現在「グリーン住宅ポイント制度」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」「減税制度」の3つです。

いずれもトイレ単体のリフォームというより住宅全体のリフォームに関係する制度です。大規模リフォームを行う際にトイレも一緒にリフォームする、といった場合にはぜひ検討してみてください。

 

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」

特に「長期優良住宅化」の方は事前にインスペクション(建物現状調査)が必須であったり住宅そのものの性能基準を満たすことが求められるものなので申請のハードルとしては高くなっています。

【条件】
・リフォーム工事前にインスペクションを行うとともに、維持保全計画及びリフォームの履歴を作成すること。
・リフォーム工事後に定められた性能基準を満たすこと。
・ 上記2つの性能項目の性能向上に資するリフォーム工事、三世代同居対応改修工事、子育て世帯向け改修工事、防災性の向上改修工事、レジリエンス性の向上改修工事のいずれか行うこと。
・ 住戸面積の確保、居住環境、維持保全計画の策定の要件に適合すること。

【補助率・補助金額】
・補助対象リフォーム工事費等の合計の1/3
・リフォーム後の住宅性能に応じて以下の3つの補助限度額がある。

①長期優良住宅(増改築)認定を取得した場合:上限200万円/戸
②上記に加えて更に省エネルギー性能を高めた場合:上限250万円/戸
③上記の認定を取得しないものの、一定の性能向上が認められる場合:上限100万円/戸

申請は施工業者が行いますので、申請できるリフォームかどうかご確認ください。
詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.kenken.go.jp/chouki_r/reform_r3_1.html

 

「こどもみらい住宅支援事業制度」

「長期・・」よりも申請しやすい制度ですが、あまり小規模すぎるリフォームでは申請できない場合があります。

【条件】
リフォーム工事は全世帯が対象
・契約締結が期間内である(令和3(2021)年11月26日~令和4(2022)年10月31日)
・工事が対象の工事である(開口部の断熱改修、外壁・屋根・天井又は床の断熱改修、エコ住宅設備の設置いずれかが必須)

【補助金額】
・工事内容に応じて補助額が設定されています
・リフォーム工事の場合は上限は30万円
・ただし申請補助額が5万円未満の工事は申請できない

申請は工事を発注する施主ではなく、工事を行う施工業者が行います。
施工前の状態が分かる写真等が必要になりますので、申請を希望する場合は見積り前に施工業者に意思を伝えて、相談しながら行うのがよいでしょう。

詳しくはホームページをご覧ください。
https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/

弊社ハイウィル株式会社が運営する戸建フルリフォームサイト「増改築.com®」でも解説しています!
https://www.zoukaichiku.com/kodomomirai

 

「減税制度」

トイレのリフォームは、条件を満たせば減税制度の対象にもなります。
投資型かローン型かにもよりますが、所得税の控除や固定資産税の減額といった措置を受けられますので、ぜひ確認してみてください。

 

耐震リフォーム:最大控除額25万円

バリアフリーリフォーム:最大控除額20~62.5万円

省エネリフォーム:最大控除額25~62.5万円

同居対応リフォーム:最大控除額25~62.5万円

長期優良住宅化リフォーム:最大控除額25~62.5万円

 

詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.j-reform.com/zeisei/

 

▼▼▼トイレリフォームで使える補助金・助成金を解説します▼▼▼
トイレリフォームで補助金は使える?タイトル

まとめ

今回はトイレリフォームの費用相場と施工事例、事前に知っておきたいポイントなどを解説しました。

トイレのリフォーム費用は条件によって大きく変わりますので、優先したい箇所を明確にして、コストを抑える工夫をすることが大切です。

少しでも悩まれることや疑問に思う点があれば、お気軽に水まわりリフォーム館にご相談ください。

リフォームのプロが理想のリフォームを実現するお手伝いをさせていただきます。

 

★浴室リフォームをご検討中の方は、お気軽にご相談ください!★
まずは無料でメール相談

 

<著者情報>

大谷 正浩

大谷正浩
ハイウィル株式会社 本部長
1961年生まれ 東京都北区出身

 

大学卒業後、原宿のレディスアパレルメーカーに就職。3年目で営業売上げNo.1を獲得。
他業種での営業力を試してみたくなり、東京ガスの関連会社へ転職。建設業界でのキャリアが始まる。
建築を基本から学び、当時の上司の励ましもあり温水暖房システムTESの販売台数において、東京ガス本社営業部長賞を受賞。

その後システムキッチンの専門会社の社長より誘いを受け、初の水まわり業界へ。
システムキッチンの会社で10年の経験ののち、インテリアリフォーム会社の社長からの誘いがあり、リフォームインテリア業界へ。

2003年、ハイウィル株式会社四代目代表である稲葉と出会い、当時稲葉が設立したばかりの株式会社リブウェルに入社。
得意な水周りリフォームと木造リノベーションを担当。
現在はハイウィル株式会社にて性能向上に特化した、日本初の木造フルリノベーション&リノベーションメディア「増改築.com®︎」にて、水周り住宅設備機器や内装仕様の提案を日々行いながら、全国水まわりリフォームサービス「水周りリフォーム館」において、館長として運営を担当。全国の加盟店と共に水周りリフォームの提案、施工管理業務に従事している。
水周りリフォーム館館長として、テレビ朝日、FM東京での出演経験あり。

趣味は、モータースポーツ観戦(元A級ライセンス、40年間無事故)とハードロック鑑賞。仕事に息詰まったら、XJAPNを聞いて気合をいれている。

お問い合わせ CONTACT

最新記事NEW ENTRY

NEW広島エリアの水回りリフォーム(キッチン・浴室)のおすすめ商品や施工事例を紹介

広島エリア 人気リフォーム商品ランキング キッチン人気No.1 TOCLAS Berry ……

NEW介護用お風呂へのリフォーム!費用相場や事例を紹介します!

更新日:2022.5.25 歳を重ねるごとに筋力の衰えを感じることはありませんか? たと……

NEWお家のお風呂をジェットバスにリフォームできるの?価格や費用、ポイントを解説!

更新日:2022.5.25 多くの方は「家のお風呂でもっとくつろぎたい」「自宅のお風呂にジェッ……

最新記事一覧を見る

人気記事POPULAR POSTS

全国各地のイベント情報

2021年12月28日 本部

年末年始休業のお知らせ

2020年6月17日 本部

ホームページをリニューアルしました。

2020年3月30日 本部

本部の営業時間の変更について

イベント情報一覧を見る