CLOSE

まずはメールで相談

電話で詳しく0120-246-991

ショールーム見学予約はこちら

無料現場調査のお申し込みはこちら

浴室リフォームリフォーム費用・価格相場

お風呂・浴室リフォームの費用相場とリフォームのポイント

浴室リフォーム費用相場イメージ画像
浴室リフォームは実際どれくらいの費用がかかるのでしょうか?もちろん、戸建てとマンションでは付帯工事が変わってきますし、戸建て浴室リフォームでは、1階と2階でも施工のやり方が変わってきます。そして各住設メーカーの浴室商品のグレード価格によっても浴室リフォームの費用は大きく変わってきます。ここでは、実際に浴室リフォームでかかった費用別に相場を見ていきましょう。

「お風呂をリフォームしたら、どれくらいの費用になってしまうんだろう…」

「水回りのリフォームは高いって聞くけど…」

「お得に効率よくリフォームする方法ってないの?」

リフォームを検討している方の中には、このようなお悩みやご意見をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

確かにお風呂のリフォームといっても、各ご家庭のご希望や内容にもよりますし、現在のお風呂の状態によっても、リフォーム費用は大きく異なります。

とはいっても、目安となる費用くらいは知っておきたいですよね。

ここでは、お風呂・浴室リフォームのパターンと費用について詳しくお伝えし、リフォームの内容別に実際に浴室リフォームでかかった費用についてご説明していきましょう。

 

 

 

○お風呂・浴室リフォームの種類とパターン

・お風呂・浴室の種類

お風呂の浴室リフォームには、その種類に応じたパターンがあります。

まず種類ですが、大きく分けて2種類あり、

 

・浴室にある浴槽や壁などすべて一体化している『ユニットバス』

・昔からみられるタイル張りされているような『在来浴室』

 

となっています。

 

ユニットバスは主にマンションやアパートなどでよくみられる工法で、戸建て住宅や築30年以上の古いマンションなどでは在来工法のお風呂をみかけることができます。

 

・お風呂・浴室リフォームのパターン

お風呂・浴室リフォームには、大きく分けて3つのパターンに分けることができます。

 

・ユニットバスを新しいものにしたい

・在来浴室をユニットバスにしたい

・在来浴室のままでリフォームしたい

 

ユニットバスであれば、

 

「古くなってきたので新しくリフォームしたい」

「新しい機能をお風呂に取り入れたい」

 

といった浴室リフォームをお考えの方が多くなっています。

 

また在来浴室であれば、

 

「冬場の浴室が寒いので何とかしたい」

「経年劣化で水漏れを起こしている」

 

などといった理由やお悩みによるものが多くみられています。

 

そのため、「ユニットバスに変更したい」というリフォームと「在来浴室のままキレイにしたい」というリフォームに分けることができます。

 

ユニットバスに変更する場合であれば、現場で組み立てて浴室を作っていくために、工期が短く、安い価格でリフォームできるメリットがあります。

 

つなぎ目が少ないために、腐食や水漏れのリスクも少ないと言えるでしょう。

 

在来浴室であれば、形や素材が自由に選べるために、こだわりのお風呂にしたい場合であればおすすめの工法です。

お風呂・浴室リフォームの費用相場

下記のグラフは『水周りリフォーム館』の過去全施工事例の浴室お風呂リフォーム費用価格の分布グラフです。
(※2020年3月時点集計データ)
水周りリフォーム館の浴室リフォーム価格分布グラフ

上のグラフを見て分かるように、浴室お風呂リフォームを行った方で50万円未満は8%、50万円〜100万円未満の浴室お風呂リフォームが40%、100万円〜150万円未満の浴室お風呂リフォームが31%、150万円〜200万円未満の浴室お風呂リフォームが13%、200万円〜250万円未満の浴室お風呂リフォームが3%、250万円以上の浴室お風呂リフォームが5%でした
矢印画像
全国的に浴室お風呂リフォーム費用価格の相場は50~ 150万円(中心価格帯)と言えます。

 

では、お風呂・浴室リフォームのパターン別に費用相場を見ていきましょう。

 

・ユニットバスを新しいものにしたい

ユニットバスを新しいものにする場合、「グレード」「サイズ」によってその相場は異なってきます。

ユニットバスのグレードには簡易的な設備が備わっているローグレードのものから、デザインにこだわりがあり、使い勝手が考えられているシャワーなどが備わっているハイグレードのものまであります。

ローグレードのものであれば、マンションで標準的にみられる0.75坪タイプのものであれば、50万円台から70万円台程度となっています。

断熱材が入っているミドルグレードのものを選ぶと、同じ0.75坪タイプで60万円台から80万円台程度となっています。

また、ハイグレードのものを選ぶ場合であれば、0.75坪タイプで90万円台から110万円前後となっています。

 

・在来浴室をユニットバスにしたい

在来浴室をユニットバスにする場合には、上記でお伝えした「グレード」に加えて、下地補強が必要となる場合があります。

特に、築20年以上が経過している在来浴室では、タイルのすき間などから水が染み込んでおり、土台や壁が腐食していることがあります。

そのような場合であれば、ユニットバスの費用だけではなく、下地の補強として5万円から15万程度の費用が必要となる可能性があります。

戸建て住宅では、主に0.75坪や1.0坪のユニットバスが多くなっており、

ローグレードなら60万円台から80万円台程度、

ミドルグレードであれば70万円台から90万円台程度、

ハイグレードなら90万円台から110万円台程度

 

となっています。

 

150万円以上のハイグレードなユニットバスを設置するご家庭は、同時に断熱工事・シロアリ対策も行う場合が多いです。従いまして、浴室の移動・拡張・増設などで給排水・ガスの工事も必要になるなど価格は高額になる傾向にあります。

 

 

・在来浴室のままでリフォームしたい

在来浴室でリフォームする場合、「浴槽の素材」「床や壁の素材」によって大きく費用が異なります。

よくみられる浴槽の素材には次のものがあります。

 

・FRP(強化プラスチック)

・人工大理石

・ホーロー

 

FRPを使用する場合では、安価でリフォームすることができますが汚れが目立ちやすく、人工大理石やホーローは高額となりますが、汚れにくかったり、お手入れがしやすいメリットがあります。費用感としては、床のタイル張り替えを含めると、次の通りとなっています。

 

・FRP(強化プラスチック):40万円台

・人工大理石:50万円前後

・ホーロー:50万円台

 

また、パネルの上張りと呼ばれる、ユニットバスのような素材のパネルを張る工事を行う場合であれば、数万円程度の費用が必要となります。

予算が不安な方はお見積もりの際に最寄りの加盟店会社に確認してみてはいかがでしょうか。

最寄りの加盟店を探す

50万円〜100万円のお風呂浴室リフォーム事例

在来工法のタイル張り浴室を
TOTOシステムバスルーム『サザナ』に浴室お風呂リフォーム

TOTOサザナに浴室リフォーム
新潟市東区の方のTOTOサザナへの浴室お風呂リフォーム事例です。
魔法びん浴槽・断熱フタで冷めにくいお風呂になりました。

リフォーム費用 84万円(税込)
家屋形態 一戸建て
築年数 30年
リフォーム部位 浴室
工事期間 5日間

この施工事例を見る

【その他の50〜100万円の浴室リフォーム実例】

100万円〜150万円のお風呂浴室リフォーム事例

ホテルのようなおしゃれなバスルームにしたい!
TOTOユニットバスルームラフィアの施工事例

TOTOユニットバスルームラフィアの浴室リフォーム事例
愛知県の浴室リフォーム事例です。
ホテルのようなおしゃれなバスルームにお風呂リフォームして欲しいというご要望でした。
壁の色が高級感があります。

リフォーム費用 135万円(税込)
家屋形態 一戸建て
リフォーム部位 浴室
工事期間 6日間

この施工事例を見る

【その他の100〜150万円の浴室リフォーム実例】

150万円〜のお風呂浴室リフォーム事例

寒冷地仕様の浴室+給湯器!
LIXILユニットバスルーム施工事例

浴室リフォーム230万円リクシル 戸建用ユニットバスルーム/ノーリツ 石油給湯器 OTQ-G3702WFF/ノーリツシステ
寒冷地仕様の浴室リフォーム事例です。
浴室・洗面・キッチン・和室をフローリングのお大規模リフォーム。

リフォーム費用 230万円(税込)
家屋形態 一戸建て
リフォーム部位 浴室
工事期間 20日間

この施工事例を見る

【その他の150万円〜の浴室リフォーム実例】

まとめ

全ての水周りを同時にリフォームする方が低価格になりお得。

★浴室の平均的な相場は50万円〜100万円。
★浴室リフォームと洗面化粧台等水周りセットのリフォームが多い。
★200万円超のリフォームは給湯器や寒冷地仕様などの住宅が多い。
★10年超の浴室リフォームのきっかけは機能面の動機が多い。

2.お風呂・浴室をリフォームするときに気をつけておくべきこと

 

■目次

 

○お風呂・浴室リフォームの失敗例

・新しい浴槽にしたら意外に狭く感じた

・浴室を広くし過ぎて冬場が寒い

・使わない機能が多く費用が無駄になってしまった

・追加工事が必要となって工期が伸びてしまった

・素材を変更したらカビやすくなってしまった

○お風呂・浴室をリフォームするときに気をつけておくべき5つのポイント

・リフォームする時期や工期について

・相見積もりなどで価格を比較しておく

・必要な機能を検討しておく

・業者の過去の実績などを調べておく

・アフターフォロー・補償がある業者を選ぶ

 

 

○お風呂・浴室リフォームの失敗例

・新しい浴槽にしたら意外に狭く感じた

・浴室を広くすると冬場が寒い

・使わない機能が多く費用が無駄になってしまった

・追加工事が必要となって工期が伸びてしまった

・素材を変更したらカビやすくなってしまった

 

リフォームの中でも、お風呂・浴室については需要が高い場所であると言えます。

浴室は毎日、利用する場所であり、しかも入浴は一日の中でリラックスすることができる時間になりますから、やはりリフォームに対する期待感は大きくなるでしょう。

そのような中で「失敗した!」と感じてしまう、上記のようなケースが起きているようです。順番にご説明していきましょう!

 

・新しい浴槽にしたら意外に狭く感じた

入浴時間を快適に過ごすためには、浴槽の大きさがとても大事なポイントとなります。特に男性が入浴する場合に少々窮屈に感じるということがあります、

そのため、浴槽を選ぶ際には家族全員がゆとりのあるサイズにしておく必要があります。ショールームでは実際に浴槽に入ってみて、入浴時の姿勢になってみることをおすすめします。また、その際に色合いや質感などにも意識しておくと、イメージ通りのリフォームにすることができます。

 

・浴室を広くし過ぎて冬場が寒い

お風呂にゆったりと浸かることをイメージして、広くリフォームしたいという方がおられます。

しかし広すぎてしまうと、今度は冬場に寒さを感じやすくなってしまい、浴室を温めることが手間に感じてしまうことがあります。

また広すぎて落ち着かないということもありますから、普段のライフスタイルに合わせた広さを考えておくようにしましょう。

 

・使わない機能が多く費用が無駄になってしまった

近年、登場した浴室は、省エネ効果や断熱性に優れている素材、掃除が簡単、カビ対策、耐震対策など、高機能のものがたくさん販売されています。

ジェットバスやミストサウナをはじめとして、美容や美肌にまで効果があるものまで存在します。

しかし、魅力的な機能だと感じても、実際にはそれほど活用しないケースも多く、高機能になればそれだけ価格も上昇することになってしまいます。

そのため、本当に必要となる機能を見定めて、選ぶことがいいでしょう。

 

・追加工事が必要となって工期が伸びてしまった

浴室リフォームの工事を始めてみると、シロアリが発生していたり、排水管が水漏れを起こしているようなことも少なくありません。

そのような場合、追加工事が必要となりますが、工事を始めてみないと分からないものも少なくないのです。

浴室を使えないとなると、かなり不便に感じてしまうことになりますから、失敗したと感じることも多いのです。

 

・素材を変更したらカビやすくなってしまった

リフォームによって素材を変更したら、カビやすくなってしまったという失敗例があります。

浴室はどうしても湿度が高いので、素材によってはカビやすいものもあります。そのため、カビに強い素材かどうか、確認して選ばねばなりません。

デザイン性だけで選んでしまうと失敗してしまうことがあるのです。

 

○お風呂・浴室をリフォームするときに気をつけておくべき5つのポイント

・リフォームする時期や工期について

・相見積もりなどで価格を比較しておく

・必要な機能を検討しておく

・業者の過去の実績などを調べておく

・アフターフォロー・補償がある業者を選ぶ

 

お風呂・浴室リフォームで「失敗した!」と感じることがないようにするためには、上記5つのポイントを意識しておくといいでしょう。

順番に詳しくご説明していきましょう。

 

・リフォームする時期や工期について

お風呂・浴室リフォームは、まずその時期について意識しておくといいでしょう。

タイミングとしては設備の耐用年数である15年を目安としておけば、故障などが起きる前に新しい設備に交換することができます。

まだ使えると言ってそのまま使い続けていると、急な故障にあってしまって、大変不便な思いをすることになってしまいます。

また工期も踏まえて、リフォームの時期を考えておくことも大切です。

工事の内容によっては数日間、自宅で入浴ができないことも考えられます。

ご家族のライフスタイルを考えた時に、自宅で入浴できなくなってしまう時期が夏がいいのか、冬がいいのか、みんなで話し合っておくとそれほど不自由なくリフォーム工事を迎えることができます。

 

・相見積もりなどで価格を比較しておく

お風呂・浴室のリフォームがどの程度の費用になるのか、なかなか一般の方には相場が分からないのではないでしょうか。

安く済まそうとすると質の悪いリフォーム会社に当たってしまうようなこともあります。費用をしっかりと調べるためには、同じ条件で相見積もりを取っておくといいでしょう。

また、見積りを取った時点で、しっかりと説明のある業者を選べば、安心してリフォームをお任せすることができます。

 

・必要な機能を検討しておく

お風呂・浴室リフォームと言っても、さまざまな住宅設備メーカーが存在します。

水周りリフォーム館においては、「TOTO」「LIXIL」「パナソニック」といった国内の一流メーカーを用意しています。さまざまな商品からお好みのものをお選びすることが可能です。

リフォーム会社によっては、提携しているメーカーだけをすすめることになりますが、それでは良さを比較することができません。

お使いになるご家族みなさんで、どのような機能が必要なのか検討しておき、安くて品質の高い製品を選ぶといいでしょう。

 

・業者の過去の実績などを調べておく

お風呂・浴室リフォームにおいては、必ず過去にどのようなリフォームを行ってきたのか確認することが大切です。口コミや評判を調べておくこともひとつの方法です。

また同時にお見積り時などに、しっかりとリフォーム内容について説明してくれる業者を選ぶようにしておきましょう。

お見積りの内訳や追加工事の可能性など、納得ができる説明をしてくれるのであれば、安心してリフォームを依頼することができます。

 

・アフターフォロー・補償がある業者を選ぶ

お風呂・浴室リフォームは見た目だけではなく、施工後に必要な機能がきちんと使えるか、何か不具合が生じないかということも大切です。

そのため、万が一、トラブルが発生した際には、補償やアフターフォローが必要になります。

保証期間がどのように定められているのか、トラブルの際にはすぐに来てもらえるのかなど、確認しておくようにしましょう。

<著者情報>

大谷 正浩

大谷正浩
 ハイウィル株式会社 本部長
1961年生まれ 東京都北区出身

 

【趣味】

モータースポーツ観戦(元A級ライセンス、40年間無事故)
ハードロック鑑賞

 

【経歴】

大学時代は喫茶店の店長をしていました。
大学卒業後、原宿のレディスアパレルメーカーに就職し、3年目に営業売上げNo.1を獲得、その後は、ロングコートなどヒット商品企画を担当しました。主に関西エリアの担当者として、商売の厳しさ、立ち回りを身をもって経験、その後、他業種での営業力を試してみたくなり退社。

 

東京ガスの関連会社へ入社、建築業界に初めて足を踏み入れました。図面も全く読めない、建築なんて基本から分からないという畑違いの世界で苦労をしつつ、当時上司の所長の一言、「君が安心して働ける環境を作るのが私の仕事だから、思い切ってやってごらん!」という激励をいただき、温水暖房システムTESの販売台数において、東京ガス本社営業部長賞を受賞。

 

その後、システムキッチンの専門会社の社長より誘いを受け、初の水まわり業界へ。
アパレル時代のカラーコーディネート経験が、システムキッチンのプランニング提案に生かされました。日々、大手ハウスメーカーのお施主様をメーカーショールームへお連れし、システムキッチンの提案に従事、TOTOでは、新商品システムキッチンが開発される度に工場に呼ばれアドバイスを行なっていました。また、TOTOとドイツのブルトハウプ社が提携して販売された高級システムキッチンのTOTOブルトハウプキッチンの販売数は、新築戸建て注文住宅部門においては全国でトップの販売台数を獲得

 

システムキッチンの会社で10年の経験をし、その後インテリアリフォーム会社の社長からの誘いがあり、リフォームインテリア業界へ。
住宅のリフォームをしながら、室内インテリアも担う同社では、内装仕上げ、家具、ウィンドウトリートメントなどのカーテン類、照明などのインテリアも展開しており、トータルインテリアリフォームを経験。大手マンションデベロッパーの協力業者として、新築のオプション会において、インテリアコーディネートを行い、既存顧客層へは水周りのリフォーム提案と施工を担当。

 

その後2003年、当時のTOTO担当者より、「技術優位の工務店の社長より、現場を見れる営業マンはいないか?というオファーがありますが、行ってみませんか?」と誘いを受ける。

 

これが、現在のハイウィル株式会社四代目代表である稲葉との出会いでした。

 

当時、稲葉が設立したばかりの株式会社リブウェルに入社。
得意な水周りリフォームと木造リノベーションを担当。

 

さらに別部署で費用負担の高い「ハコモノ」と呼ばれるシステムキッチン、ユニットバスなど定価があるものを全て分離して安い会社から自由に購入できる、「施主支給システム」を開発した代表稲葉の、「住設・建材百貨店」において販売業務を担当、1か月2億4千万の売上をたたき出すなど、業界内でセンセーショナルを起こし、施主支給ブームの火付け役となる。施主支給事業の拡大に伴い、建築業に専念したい稲葉は、部下に同社を譲り、100年続く家業であった工務店へ建築事業部を移管。四代目として代表に就任。自身もハイウィルへ移動。

 

現在はハイウィル株式会社にて性能向上に特化した、日本初の木造フルリノベーション&リノベーションメディア「増改築com®︎」にて、水周り住宅設備機器の仕様決め、内装建材、ライティング、インテリア等の内装仕様の提案を日々行いながら、
全国水まわりリフォームサービス「水周りリフォーム館」において、館長として運営を担当。全国の加盟店と共に水周りリフォームの提案、施工管理業務に従事

 

【メディア出演】

テレビ朝日より出演オファーがあり、水周りリフォーム館館長としてテレビ出演。
FM東京にて屋根付き2階建ての住まいに屋上を、という工事の内容で生放送出演。

 

【仕事のスタンス】

業界30年以上の経験がある、と言っても日々新しい発見があるので、常にアンテナを巡らせ気を配ってます。
時代と共に新しいものが出てきますので、最新の情報をご提供できるように、またお客様の立場になって、快適な住まい造りのお手伝いをさせていただきます。

 

【私の課題】

お陰様でお客様の数が多いので、ワンパターンの提案にならないように心がける。
作業内容が多く息詰まることがあるので、効率よく作業を進めるようにする。
息詰まったら、XJAPNを聞いて気合をいれる。

お問い合わせ CONTACT

最新記事NEW ENTRY

TOTOのユニットバス「サザナ」の特徴

TOTOのユニットバス「サザナ」の特徴として、まず最初にお伝えしたいことは浴槽です。 2020年に……

在来工法【浴室】のメリット

在来工法(浴室)のメリット 1.オリジナル性の高い在来工法浴室 2.在来工法浴室は拘りの……

在来工法(浴室)とユニットバス(システムバス)

お風呂(浴室)は一般的に在来工法の浴室と、ユニットバス(システムバス)に分けられます。 在来工……

最新記事一覧を見る

人気記事POPULAR POSTS

TOTOのユニットバス「サザナ」の特徴

TOTOのユニットバス「サザナ」の特徴として、まず最初にお伝えしたいことは浴槽です。 2020年に……

在来工法【浴室】のメリット

在来工法(浴室)のメリット 1.オリジナル性の高い在来工法浴室 2.在来工法浴室は拘りの……

在来工法(浴室)とユニットバス(システムバス)

お風呂(浴室)は一般的に在来工法の浴室と、ユニットバス(システムバス)に分けられます。 在来工……

全国各地のイベント情報

2020年6月17日 本部

ホームページをリニューアルしました。

2020年3月30日 本部

本部の営業時間の変更について

2020年1月7日 東京都

TOTO 2月15・16日 キャンペーンイベント

イベント情報一覧を見る